85年組元アイドルの今、Nobori Eriとは?―バラドルからシンガーソングライターへの転身
TOM RECORDS エンターテイメント・音楽関連 その他 2016年05月11日 13:00
Article_454_m

1985年にアイドルとしてデビューした森下恵理は、主にバラエティで活躍し、今で言う「バラドル」として活躍した。

加藤和彦プロデュース(ザ・フォーク・クルセダーズやサディスティック・ミカ・バンド)を始め、安井かずみ、竹内まりや、松任谷由実、松尾清憲などの著名人にも楽曲提供され、話題にもなった。

その後、1989年に芸能界を引退した。

だが、数多くの著名人との制作をキッカケに作詞作曲に興味を抱き、その思いが
1996年5月、Eriとしてトイズファクトリーよりシングル「強くなれる」で再デビューに繋がる
アレンジやプロデュースも自身で務め、数多くのCDをリリースする。

その後、フリーになると自主レーベルを「TOM RECORDS」立ち上げ、
過去を統括する意味で「Nobori Eri」に改名している。

そして、現在もインディーズながらライブ活動やメディアへの露出を精力的に行っている。
(今年5月23日新代田FEVERでのライブが決定の他、ライブ出演企画中)

これは本人談なのだが、これまで活動できたのはそれぞれの時代の(森下恵理、Eri、現在Nobori Eri )ファンの声援、後押し、協力があったからだと述べている。
森下恵理オールソングコレクション(2013年7月26日)の発売もファンの熱望により成しえたことであり、ファンのそういった陰ながらのサポートがメディアに露出したキッカケになっている。
彼女は、長い音楽活動を経てそれを実感しているようだ。


ちなみにちょっとした補足だが、現在、パチンコやドラマで人気を博している特撮ヒーロードラマ「牙狼」の作者雨宮慶太。彼の映画デビュー作「未来忍者 慶雲機忍外伝」で、ヒロイン役として出演したサキ姫は、現在のNobori Eriである。(当時、森下恵理)


更に詳しい情報はこちら↓
<Nobori Eriまとめ>
http://matome.naver.jp/odai/2146285877072821401

<Nobori Eri HP>
http://www.noborieri.com/
こちらから、新作「Happy Ending story」の試聴ができます。

Photo_66_m
Photo_67_m
人気のリリース