大学初 国際基準を満たす治験薬製造設備を設置 希少難病ヤコブ病を抑制する治験薬の開発へ 初めて人体への治験薬が精製可能に
岐阜大学 医療・健康 研究 2015年03月03日 10:32
Article_188_m

2015年3月3日
国立大学法人 岐阜大学

大学初 国際基準を満たす治験薬製造設備を設置
希少難病ヤコブ病を抑制する治験薬の開発へ
初めて人体への治験薬が精製可能に


国立大学法人 岐阜大学(所在地:岐阜県岐阜市柳戸 学長:森脇久隆)は2015年2月10日に日本初となる点滴薬製造設備を設置したことをご報告いたします。この設備により、クロイツフェルト・ヤコブ病(※1 以下ヤコブ病)の進行を抑制する治験薬を大学内で製造することが可能になり、人体への治験も可能となります。また、2月14日にシンポジウム「革新的医療研究開発で挑む神経変性疾患―プリオン病治験体制の確立に向けて―」を開催したことをご報告いたします。

※1ヤコブ病・・・数か月に渡る進行性痴呆や視力障害、錯乱、めまい、無感情などの症状がみられる希少難病。発病から3から12か月で死亡し、現在は治療法が確立されておりません。(詳細は下記参照)

■点滴薬製造設備について
治験薬製造には無菌状態が不可欠となり、国際基準を満たす必要があります。当施設における製造環境はその基準を満たすものであり、大学が導入するのは世界で初となります。
高温高圧下の環境で数十種類の有機化合物を合成して製薬できる装置になり、無菌状態の設備内で分包できます。
当面は治験薬の製造は製薬会社に委託しますが、将来的には医薬品の製造許可を申請予定です。

■ヤコブ病とは
ヤコブ病の症状は進行性痴呆や視力障害、錯乱、めまい、無感情などであり、患者の大半は発病から3か月から12か月で死亡する病気です。
原因は脳の神経細胞に存在する「プリオン」と呼ばれるタンパク質が破壊され、異常構造となり、毒性を帯び神経細胞を殺すために生じます。有効な治療法は現在確立しておりません。
ヤコブ病の発症割合は100万人に1人とされており、症例数が多くありません。そのため経営的な問題から民間企業が研究、治療薬の開発に着手することが難しい分野であるため、国立大学としての岐阜大学が当分野において牽引していきたいと考えております。

■ヤコブ病の治験薬について
プリオン病に効果のあるリード化合物は当大学の大学院連合創薬医療情報研究科、桑田教授が2007年に開発しております。プリオンに関する病は、プリオンタンパク質が異常構造へと変換されることが原因とされております。当研究科では、プリオン蛋白質の正常構造(左図)を安定化させ、異常構造(右図)への変換を抑制する化合物、メディカルシャペロンを治験薬として新たに開発いたしました。

■今後の研究について
当大学ではヤコブ病の治療薬を開発することは、同じ認知症でも症例数の多いアルツハイマー病への治療薬開発に役立つと考えております。アルツハイマー病は症状が長期間に渡ってゆっくりと進行していく病であるため、治療薬の効果が見えにくい特徴があります。一方で、ヤコブ病は症状が特徴的で早く進行するため、治療薬での効果があらわれやすい病となります。したがって、ヤコブ病の治療薬を開発することは、アルツハイマー病をはじめとする他の認知症への治療薬研究へ進展をもたらす可能性をもっております。ヤコブ病に対する治験は、2年後を予定しております。

■シンポジウムでの反響
2月14日、名古屋にてシンポジウム「革新的医療研究開発で挑む神経変性疾患―プリオン病治験体制の確立に向けて―」を開催いたしました。当シンポジウムでは、患者様のご家族の皆様、研究者、医師、製薬会社関連、報道関係(新聞、テレビなど)の方々など、73名にご参加戴き、活発な議論で時の経つのも忘れるほどで、大盛況のうちに無事終了することができました。治験のみならず、プリオンをめぐる様々の問題に関し、情報を集積することが出来ました。この内容は講演録として、出版される予定です。シンポジウム終了後、患者様のご家族の方より、治験に関する数件のお問い合わせをいただいております。

■桑田一夫プロフィール
昭和57年 岐阜大学医学部卒業
昭和59年 岐阜大学医学部助手
平成元年 岐阜大学医学部付属病院併任講師
平成5~14年 岐阜大学医学部助教授
平成11~12年 大阪大学蛋白質研究所助教授(併任)
平成16~22年 岐阜大学人獣感染防御研究センター教授、センター長
平成19年~現在 岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科医療情報学専攻生命情報研究領域教授
平成19年~現在 医学系研究科・医学部大学院医学系研究科医科学専攻分子・構造学講座遺伝発生学分野教授(併任)
平成23年~現在 応用生物科学部野生動物管理学研究センター人獣共通感染症研究部門教授(併任)
平成24年~現在 研究推進・社会連携機構学術院生命科学研究部門教授(併任)


■学校法人概要
法人名:大学法人 岐阜大学  代表者:学長 森脇久隆  所在地:岐阜県岐阜市柳戸 1-1
URL :http://www.gifu-u.ac.jp/

岐阜大学のリリース

本学大学院連合創薬医療情報研究科・赤尾幸博教授は,に結合してスプライシングを制御しているタンパク質PTBP1が,がん細胞の生存や増殖に必要なエネルギーを獲得する解糖系の制御に重要な役割を果たすタンパ...

2016年03月23日 19:00
Article_414_m

国立大学法人 岐阜大学は、学生グループ主体で開発したペットボトル飲料「やさ茶」を岐阜大学生協や連携企業の白川園本舗などにて2016年3月15日(火)より試験発売を開始いたします。

教育 製品
2016年03月15日 20:58
Article_327_m

国立大学法人 岐阜大学 複合材料研究センターの守富教授を中心としたグループが世界最高水準の省エネ性と経済性を持つCFRPリサイクル技術「二段階熱処理法」を確立し、カーボンファイバーリサイクル工業株式...

教育 研究
2015年10月15日 18:58
Article_297_m

国立大学法人岐阜大学応用生物科学部附属比較がんセンターは、公益社団法人岐阜県獣医師会をはじめとする一次診療獣医師、シーシーアイ株式会社およびペットライン株式会社と共同で「家庭犬のがん予防プロジェクト...

2015年08月19日 22:26
Article_285_m

国立大学法人 岐阜大学応用生物科学部 食品加工学研究室 西津教授は,ヘルムホルツ共鳴を利用し、農産物や食品の体積を非破壊的かつ瞬時に計測する技術を確立し,実用化。さらにこの技術を組み込んだソフトウェ...

教育 研究
2015年07月31日 20:10
Article_222_m

国立大学法人 岐阜大学(所在地:岐阜県岐阜市柳1-1 学長:森脇久隆)の金型創成技術研究センター(センター長:山下実)は、株式会社セントラルファインツールと共同で炭素繊維織物によって強化した樹脂製の...

2015年04月15日 20:36
Article_198_m

国立大学法人 岐阜大学工学部 川﨑教授は枝打ち作業を人手に代わって行う枝打ちロボットを開発し、2015年3月13日に一般社団法人 日本機械学会東海支部が主催する2014年度日本機械学会東海支部賞技術...

機械 研究
2015年03月14日 01:12
Article_195_m

国立大学法人 岐阜大学の金型創成技術研究センターは、地域企業や自治体関係者を招いて「金型実習成果報告会・修士研究発表会」を行い、学部生が半年かけて学んだ成果として、設計製作した金型を発表、また当セン...

2015年03月11日 23:48
Article_147_m

国立大学法人 岐阜大学 流域圏科学研究センターの廣岡佳弥子准教授と市橋修特任助教等の研究グループが、微生物燃料電池により豚の糞尿などを含む畜産廃水からリンを回収することに成功しました。

2014年12月02日 21:10
人気のリリース