ComPowerが仮想通貨採掘のクラウドマイニングサービスを発売開始
ComPower株式会社 ネットサービス サービス 2018年01月25日 08:00
Article_1485_m

報道関係者各位

 ComPower株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:福井エドワード、以下「ComPower」)は、仮想通貨マイニング(採掘)及び電力供給のノウハウと、最先端の省エネ技術を活用することにより、収益性の面でも国際的競争力を有し、また環境負荷を低減したグリーンなマイニング事業を実施します。
 なお、日本国内でのマイニング事業においては、マイニング向け電力プランを提供する株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下 「Looop」)の電力を購入します。

今回新発売されるサービス名は、「Green Mining Cloud」。仮想通貨のマイニングに最適に構成された「ami Green Miner」サーバーに、2年間のホスティング&メンテナンスサービスをパッケージにしたサービスで、価格は1台120万円(税別)。URLは、 www.greenminingcloud.com


背景
ビットコインを始めとする仮想通貨のマイニング(採掘)事業の収益性は、効率的な性能の機材を安価に調達すること、また、電気代を抑えることに大きく左右されます。
すなわち、省エネの仕組みを活用したマイニングのノウハウ、高い省エネ性能を有する機材の確保、安定した安価な電力供給の条件が揃えば、諸外国と同等もしくはそれ以上の収益性を実現し、また、環境への負荷を抑えたマイニング事業が可能となります。

この度は、ComPowerの有する環境性能ほか効率の高いマイニング機材の調達のノウハウと、安定した安価な電力を掛け合わせることにより、国際的にも競争力を有した、グリーンなマイニング事業を開始し、同時に仮想通貨ネットワークの安定化にも貢献します。

省エネの仕組みを活用したGreen Mining Cloud
ComPowerは、台湾他の機材メーカーに特注した省エネ性能と高い採掘効率を実現したマイニング機材や、それを活用したクラウドマイニングサービスを提供します。

ComPowerが有する遠隔制御技術、データを活用した予防保全メンテナンスを実施することにより、大幅な省エネを実現し、高い稼働率とメンテナンスコストの低減を実現します。

安定した安価な電力
太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーを得意とするLooopが提供する、電力サービスを活用し、一般的に流通している電気代の価格を大きく下回る価格で本事業に対し電力を供給します。

最も投資効果の高いトークンを幅広く選択して採掘
採掘するトークン(仮想通貨)の種類は、ビットコインに限らず、イーサリアム、ライトコインなど複数の通貨を対象とします。投入するマイニングプールの量に対して、もっとも価値の高くなるトークンを採掘する機能を有しています。

実績
2017年10月から12月の3ヶ月で採掘した量は、ビットコイン建てで 0.405 BTC。法定通貨(円)に換算すると、概算で約60万円。同期間中の電気代は、約4万5000円。
今後さらに効率的な設備の運用や、安価な電気の調達により電気代を削減します。

販売概要
今回の発売数量は、限定300台。同社のWEBページ www.greenminingcloud.com で先着順に注文を受け付ける。2018年1月25日(木)正午より1月29日(月)24時まで申し込みを受け付ける。
今後も不定期に発売する予定であるが、次回の販売時期や価格は未定。



■「ComPower株式会社」について( Webサイト http://compower.co/ )
スマートグリッド・スマートシティの実現のため、太陽発電事業、デマンドレスポンスなどの省エネ事業を実施。遠隔制御を活用した予防保全メンテンスのための独自開発のデバイスと、クラウドサービスを提供しています。

以下の政府プロジェクトで共同研究に参加、事業受託した実績。
2014年 NEDO 太陽光発電維持保全技術研究開発事業
2015年 資源エネルギー庁 デマンドレスポンス実証事業
2016年 経済産業省 電気設備保安技術高度化事業

※ 本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

人気のリリース