よしもとの美容番長『シルク』が和ハーブ検定に合格
和ハーブ協会 医療・健康 サービス 2014年10月16日 12:46

よしもとの美容番長『シルク』が和ハーブ検定に合格
日本のハーブ‟和ハーブ‟の知識を学ぶ為に和ハーブ検定1、2級を受験

吉本興業に所属し、よしもとの美容番長としても名高く、最近では美容と健康の観点から独自に研究したハイハイメソッドが美魔女界で注目を集めるなど、美の伝道師でもあるシルク姉さんことシルクがトータル的な美容・健康の追求として、日本のハーブ“和ハーブ”の知識を学ぶ為に、和ハーブ検定1、2級を受験し見事合格した。
和ハーブとは、日本に古くから自生、または生活の中で活用されてきた有用植物。日本の環境に対応する成分をもち、綿々と受け継がれてきた和ハーブは、日本の過去を支え、そしてより良い未来を作る切り札素材です。

今回、シルクが受験した和ハーブ検定は2010年にスタートし、様々なジャンルで採り上げられる和ハーブに、各メディアも大注目。2014年だけでも、健康・美容雑誌、園芸や料理関連メディア、新聞など、多くのメディアへ掲載された、今大注目の検定・資格である。

<和ハーブ検定概要>
受験級:1級・2級  開催スケジュール:年3回 全国で一斉開催
試験内容:和ハーブの種類、身体への機能性、利用法、文化・歴史との関わりなどを学びます。
<協会概要>
【代表理事】古谷 暢基(フルヤ マサキ) 【設 立】2009年10月  
【コンセプト】埋もれつつある日本人の植物文化、伝統を次世代に受け継ぎ、予防医学の面からも広めていく
【活 動】和ハーブ検定・全国各地で和ハーブ塾(フィールドワーク)・和ハーブレストラン/和ハーブ専門店の運営 等

和ハーブ協会のリリース
Article_565_m

統合医療世界大会にて“和ハーブ”が注目! 日本原産の薬草などについて当協会理事長で医学博士の古谷 暢基が発表 当協会の理事長であり、医学博士の古谷 暢基が2016年11月22...

医療・健康 イベント
2016年11月25日 19:41
人気のリリース