つまり、身長と健康は実際に関連があるようなのです
kanpouED治療薬 金融・保険 製品 2017年09月11日 06:00

つまり、身長と健康は実際に関連があるようなのです。そして女性は何より健康で活力あふれた男性を、自分の子供の父親にと望んでいるのです。



もう一つ驚くべき事実が発見されています。調査ではまず、女性たちに大勢の男性たちの写真を見せましたが、その写真はあらかじめコンピューター処理して、男っぽい顔はより男っぽく、女っぽい顔はより女っぽく引き立たせておきました。


シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

その結果、男っぽいタイプの男性を魅力的と感じたのは、すでにパートナーがいる女性か、ないしは、ちょっと火遊びに関心のある女性だったのです。



それに対し、持続的な関係を求める女性は、もっぱら女っぽいタイプの男性を好ましく思ったのです。




この調査結果について、学者の間ではこのように解釈されています。



きわめて男っぽいパートナーを選べば、健康的で丈夫な子供が生まれる可能性は高くなりますが、その反面、浮気っぽいマッチョはすぐに捨てられる危険性があります。そうした男性は昔から言わば、浮気や火遊びに適しているのです。



一方、どちらかといえば女っぽい男性は浮気ぽくありませんので、一生の伴侶にふさわしいと考えられているのです。



ここで言い添えておきますが、女性のこうした好みは、ホルモンの影響も大きく受けています。その証拠に、ピルを服用している女性はほとんど全員が女っぽい男性がタイプだったのです。


性欲の強い人と弱い人



性欲の強い人と弱い人

女性は性行為の感想を男性によって使い分け評価していると言われています。さらにその評価は男性をとても悩ませるものとなっているのです。



性行為に強い人・弱い人に尺度はあるのでしょうか?平均的な回数は今も昔も同じなのでしょうか?性行為についての書物は江戸時代のものが残っているようです。



20代は4日に一度、30代は8日に一度、40代は16日に一度、50代は20日に一度、60代は接して漏らさず



これが江戸時代の性恋の回数を示すものだとされていますが、しかし、現代と江戸時代では平均寿命が違います。江戸時代の平均寿命が50歳だと考えると、今の日本人はもう少し性行為をした方がいいのです。



これを鵜呑みにして、弱い亭主なら40代でも月に2回すれば及第点だと考えていると甘いです。



また、女性に関しては江戸時代の話では、あるご奉行が母親に「女性の性欲は何歳まであるのか?」と聞くと、母親は、火鉢の灰をかきならしたということです。この意味は、女は肺になるまで性欲は尽きないという意味と解釈されています。



しかし男性は、勃起しないと性行為をすることはできません。男性の性行為の強い弱いの判断は、勃起が射精するまで続けることができるかどうかと言う点にかかっている。

人気のリリース