加齢とともに男性の勃起力は衰えていきます
kanpouED治療薬 金融・保険 製品 2017年09月08日 06:00

加齢とともに男性の勃起力は衰えていきます。ED(勃起不全)は更年期障害(年齢によって体が変化すること)1つと言われています。
そのほかにも、更年期障害の症状は色々とありますが、当サイトでは男性更年期障害の中でも勃起・精力について詳しく掘り下げていきます。
そもそも、加齢ともに勃起力が低下していくのは自然といえば自然です。人間は歳をとるごとに内臓機能が低下していくものなので、40代・50代になっても思春期と同じような内臓機能を保っている男性など存在しないと思います。

人間の体の仕組みから加齢に勃起力低下はしかたがないことです。

歳をとると勃起力が低下する(EDになってしまう)理由・仕組み
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

勃起や精力といった悩みは内臓機能の中でも生殖器官(睾丸など)の機能低下によって起こりうると言われています。上記で説明したとおり、器官の機能が低下することはしょうがいないことです。だから、ある程度の勃起力の低下や精力の減退は歳をとれば起こりうることなのです。

しかし、こういった生殖器官の機能は人間の生活習慣や健康体によって変わってきます。だから、同じ年齢の男性でもそれほど勃起・精力について問題はないという人も存在します。こういった老化現象には個人差がありますが、生活習慣によって大きくことなるともいえます。生活習慣や遺伝も含めて個人差があると思っておいた方がいいでしょう。
歳をとると勃起が低下してしまう理由
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK85_meganekuuu20140531-thumb-1000xauto-17522

勃起が低下してしまう理由には血流と男性ホルモンの問題があると言われています。男性の勃起は血液がペニスに集中することで、硬くなりますが、血流の 問題が体でおこっていた場合は、必然的に勃起がしにくいということになります。人間の血流問題は脳梗塞・心筋梗塞など命に関わるトラブルもありますが、 それほど重症化しなくても、勃起力の低下などの症状が起きてしまうのです。

だから、脳梗塞や心筋梗塞などがないからといって血流に問題がない!というわけではないのです。命に関わるほどの血流問題はなくても、加齢によって少しの 血流問題があれば勃起がしにくくなり、勃起力が低下することは当然ありえるのです。

また、血流問題だけではなく、男性の老化現象として男性ホルモンの低下があります。実際には20代をピークに男性ホルモンの分泌量は歳とともに減っていきます。
40代や50代になるとその分泌量がかなり減ってしまうために、色々な更年期障害の症状が現れると言われています。その一つに勃起・精力の低下があるわけなのですが、男性ホルモンの低下は精力と密接な関係にあります。

男性ホルモンが少ない=精力低下という流れになります。精力が低下すると興奮が少なくなったり、体が疲れやすく(疲れも取れにくくなる)ので勃起にも大きく 影響してしまうのです。すべては男性ホルモンの低下によって勃起・精力の悩みが現れると言ってもいいでしょう。

人気のリリース