日本人は性行為の問題を話題にしたり、医師に相談したりすることを躊躇することが多く
kanpouED治療薬 金融・保険 製品 2017年09月08日 01:00

日本人は性行為の問題を話題にしたり、医師に相談したりすることを躊躇することが多く、医師側も専門医以外は個人の性行為の話題にふれることを避ける傾向は否めません。

男性は80歳まで、女性は78歳まで性行為は可能といわれていますが、性行為による心血管系への負担は年齢や手技で異なると予想されています。

また、心疾患患者や高年齢者では性行為による心臓への負担は大きいと思われがちですが、実際はどのようなのでしょうか?

心疾患患者に対して性生活をどのように指導すればよいか、さらに性行為による突然死、いわゆる「性交死」の原因についても文献をもとに考察します。
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

1999年にアメリカのニュージャージー州プリンストン会議において「性行為と心事故の危険性」に関するシンポジウムが開催され、はじめて大々的に性行為と心血管系の問題が討論されました。
性行為時の心血管系パラメーターを観察した主な研究はこれまでに10件あり、健常者達を対象とした報告が3件、心疾患患者を対象とした報告が7件ありました。
健常者における性行為の血行動態反応

平均年齢29.3歳(24~40歳)の健常者ボランティアを対象に、性行為中の心拍数と血圧を測定しました。
オルガズム時の最大心拍数は114±14拍/分、最大収縮期血圧は163±11mmHgで、PRP(プレッシャーレートプロダクト、心拍数×収縮期血圧)は18000程度であり、男性上位と女性上位で体位での血行動態反応に差は認めませんでした。

一方、平均33.2歳(25~43歳)の10人の白人男性を対象に性行為時の血行動態を測定して、男性上位が最も負担が大きかったとしています。

この研究では、性交は男性上位と女性上位、非性交は自己による刺激とパートナーによる刺激という4種類の性技でそれぞれ比較して、また、性行為時のPRPと最高酸素摂取量(peak VO2)も測定しました。

性交は非性交に比べて負担が大きく、なかでも男性上位が心拍数、PRP、平均酸素摂取量(average VO2)、持続時間とも全て高いという結果になりました。

この研究の限界は、性行為全体の測定時間が5分間と短く、オルガズムも全て16秒以内で終了している点であり、われわれは、性行為の身体活動度は個人差が大きく、とくに若いカップルと、結婚して長年を経たカップルでは性的興奮度や性行為の強度も異なる場合が多く、性行為の方法や時間も異なると推測しています。

そこで、高い年齢の健常者を対象とした報告をみてみると、平均年齢49歳(40~61歳)の9人の中年男性を対象にして、オルガズム時の平均最大心拍数は123(88~155)拍/分、平均最大収縮期血圧は146(130~168)mmHgであったと報告しています。

この研究では、若年者と比較して血行動態的負担に大きな差は認められませんでした。

血行動態的負荷量をMetS(metabolic equivalents:メッツ)で表した場合、オルガズム時に女性上位で平均2.5MetS、男性上位で平均3.3MetS(2.0~5.4MetS)と報告されていることから、運動負荷試験のトレッドミルテストでいえば、Bruse法のステージ1である4.5MetS(10%grade、17mph)で3分間の負荷をクリアできれば、性行為を行うには十分であると言われています。

人気のリリース