ベッド勃起に必要な性ホルモンは、睡眠中に最も分泌されます。
kanpouED治療薬 金融・保険 製品 2017年08月26日 06:00

睡眠を最低でも6時間以上確保する

ベッド勃起に必要な性ホルモンは、睡眠中に最も分泌されます。
そのため、睡眠不足になると男性ホルモンや成長ホルモンが減少して、勃起力が低下する原因になります。

また、睡眠にはストレスを軽減したり、活性酸素を除去する働きもあります。
睡眠不足が続いたときに疲労感が残るのは、自律神経が乱れて心身ともにリフレッシュが不十分だからです。

勃起は副交感神経が優位なときに起こるため、自律神経が乱れていると勃起の持続に悪影響を与えることも。
勃起の持続力を高めるためには、生活のリズムを整えて睡眠時間を確保することが大切です。
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

では、睡眠時間をどのくらい確保すればいいのでしょうか。
睡眠学の専門家によると、7時間の睡眠が最適という意見が多かったです。

また、男性ホルモンの分泌を低下させないためには、6時間以上必要であることがわかっています。
仕事や私生活で忙しい方も、連続して6時間以上の睡眠を心がけましょう。

kanpouED治療薬のリリース

シアリスを入手するためには医療機関で処方をしてもらうか

2017年09月06日 10:00
人気のリリース