ED勃起不全とは、男性ならではの症状で(別名:勃起不全)とも呼ばれています
ED勃起不全 金融・保険 製品 2017年08月18日 07:00

ED勃起不全とは、男性ならではの症状で(別名:勃起不全)とも呼ばれています。心因性勃起不全があります。これぱ、「勃起しないのではないか」というような不安のために、勃起しなくなるというものです。

生理学的に説明すると、「勃起しなければどうしよう」という不安やストレスがあると、交感神経の働きが強くなり、勃起のマイナス因子であるPDE5をどんどん分泌し始めます。PDE5はcGMPを分解するために、cGMPがどんどん減っていきます。cGMPによって弛緩していた動脈や海綿体の平滑筋は収縮を始め、血をペニスから追い出し、勃起は弱くなります。
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html


もちろん、「勃起しなければどうしよう」という不安やストレスがある中では、純粋に性欲を感じる部分は減ってきています。性欲が、NOの分泌を促し、さらに、cGMPをどんどん作るわけですから、性欲が少なくなれば、プラスであるNOも減るわけです。

つまり、心因性勃起不全では、プラスが減り、マイナスが増えるわけですから、当然、勃起が弱くなります。

心因性勃起不全でもっとも典型的なものが、昔、「新婚インポテンス」といわれていたものです。今なら、「新婚ED」です。これは新婚の時に限らず起こり得ます。初めてセックスを行った時に、うまくいかなかったため、2度目からは「また、うまくいかないかもしれない」という不安を抱え、その結果失敗を繰り返すというものです。

ご本人にしてみれば、大変なことなのですが、原因は比較的単純だといわれています。要するに、「うまくいかないのではないか」という不安です。ただ、人間の場合、どうしても物事を複雑に考えてしまいがちで、「彼女が自分をどう思っているのか」とか「もしかして自分は特異体質かもしれない」とか「一生うまくいかないのかもしれない」などの不安の連鎖反応を引き起こし、いよいよひどくなっていきます。ひどい人の場合、マスターペーションすら、うまくいかなくなります。自分の心にふたをするせいなのか、性欲自体を減らして、自分を守ろうという反応が起こります。

様々な医師が様々な治療法を試みました。精神科的な療法もありました。また、行動療法といって、抱擁←愛撫←挿入←セックスというように少しずつのステップアップを指導していくことによる治療法もありました。

中には、乱暴に聞こえるかもしれませんが、海綿体内庄射による治療法もありました。プロスタグランディンE1などを陰茎海綿体に直接注射し、海綿体や動脈の平滑筋を無理矢理弛緩させ、勃起させます。もちろん、性欲がなくても勃起しますし、射精しても勃起は弱くなりません。この注射により、セックスが可能になります。それで、何度かセックスを行い、離脱していくことにより、治療するという方法です。要するに、注射で無理矢理勃起させ、「セックスできないのではないか」という不安を、吹き飛ばすというものです。これぱ、乱暴なように聞こえるかもしれませんが、日本でもアメリカでも60〜70%くらいの治癒率がありました。

人気のリリース