レビトラは、世界で二番目に生まれたED治療薬で
kanpouED治療薬 医療・健康 イベント 2017年07月19日 01:00

レビトラは、世界で二番目に生まれたED治療薬で、2003年にドイツのバイエル社から発売されました。日本では2004年に認可され、同年6月に5mg錠と10mg錠の発売が開始され、少し遅れて20mg錠が2007年7月に発売されました。錠剤の形状は、オレンジ色をした丸形です。

バイアグラとの大きな違いは「食事の影響を受けにくい」ところでしょう。 ただし、レビトラの説明書には「標準的な食事の影響がない」と記されており、「総エネルギーに占める脂肪の割合が30%」という補足が付いています。男性の標準的食事とされる700kcalまで、しかもそのうち脂肪の占める割合が30%までなら大丈夫ということです。

また、バイアグラでは思うような効きめを感じることができなかった人が、レビトラを試してみたら効果が実感できたというケースも少なくないようですので、バイアグラをうまく補助してくれる薬とも言えるでしょう。
● レビトラが効くしくみ

男性が性的刺激を受けると、興奮した大脳からの指令が脊髄を経由して勃起中枢に伝わります。すると陰茎の細動脈壁からNO(一酸化窒素)が分泌され、cGMP(環状グアノシン一リン酸)という血管拡張物質が増加します。このcGMPの作用によって血管が広がり、海綿体に血液が流れ込んで陰茎は勃起します。

一方、これを阻害する(勃起を収める)物質にPDE5があります。EDになっている人では、このPDE5が多いため勃起を維持することができず、勃起が起こってもすぐに萎えてしまいます。レビトラは、その有効成分である「タダラフィル」がPDE5の作用を抑えることで、勃起とその維持を助けることができるのです。
● レビトラ処方のできない方
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

心臓病などのために性行為を禁じられている方や、狭心症の治療薬である硝酸剤を使用されている方、不整脈の薬(抗不整脈薬)を服用している方など、処方できないケースがあります。また服用なさっている薬との飲み合わせが悪い場合もありますので、病歴や現在服用なさっている薬剤については、必ず受診時に医師に申告なさってください(薬剤名は受診時にわかるように、あらかじめメモなどの準備をしておいてください)。

人気のリリース